乾燥する季節に使いたい化粧水|秋から冬はコレで決まり

秋口や秋から冬への季節の変わり目に肌荒れになる方が増えています。現代人は、昔と比べ、子供のころからあまり肌が鍛えられておらず、肌が弱くなっている方が多いので、肌がいろんな刺激を受けやすくなっています。

そのようなデリケートな肌に、乾燥する時期のカラカラの外気や朝と昼の温度差などで肌がストレスを受けたり、秋には花粉を飛ばす植物が増えるので、花粉症の方は、それら外部刺激の影響を受けて肌荒れになる方が多いんですね。

■対策は?

できるだけ肌のバリア機能を高めるスキンケアが対策として有効です。睡眠時間を規則正しくとったり、食事に気を使いながら、保湿ケアをしてみてください。

■バリア機能を高めるスキンケア

お肌は乾燥すると、表面にある角質層が乱れます。角質層に隙間ができると、そこから紫外線や花粉などの外部刺激が肌の中に入り込みます。

すると肌が反応して炎症し、肌内の水分を蒸発させ、余計に肌荒れや乾燥肌が悪化するのです。バリア機能を高めるには、まず角質層を整える事。そのためには、角質層間脂質で最も多い割合をもつセラミドを肌の内部に届ける事が大事です。

また、荒れた肌を保護するためにも、クリームでしっかり蓋ができる基礎化粧品を選ぶと良いでしょう。

■冬のスキンケア

冬は空気が乾燥している季節。気温が低いこともあり、肌が荒れてしまう方も多いと思います。中には、肌がヒリヒリしたり赤くなってしまう方もいるのではないでしょうか?

■冬の肌荒れの治し方

冬は空気が冷たく、乾燥しているので、肌にストレスがかかります。このストレスを跳ね返すには、肌質を強くする、つまり肌のバリア機能の強化が必要です。バリア機能を高めるためには、肌に充分な水分を与え、角質層のキメを整える事が大事です。

角質層間脂質である、セラミドを積極的に肌に与え、キメを整えるケアをしてください。

■秋と冬の肌荒れに効く基礎化粧品ランキング

ディセンシアセラミド
浸透しやすい人型ナノセラミドを配合した基礎化粧品。肌の表面だけでなく、奥まで潤すことで肌内部の乾燥を潤し、内部からバリア機能を高めます。

肌表面を刺激から守る特許技術、ヴァイタサイクルヴェールが採用された基礎化粧品なので、秋の荒れた肌をしっかり守ります。

ヒフミド
保湿力が高い人型セラミドが全てのアイテムに配合された基礎化粧品。秋口の肌荒れにしっかりとセラミドを届け、角質層を整えることでバリア機能を高めます。保湿力の高さで定評がある基礎化粧品です。

海のブレア
浸透型セラミドやビタミンC誘導体が配合された浸透力が高いオールインワンゲル。表面がベタベタするだけというイメージのあるオールインワンですが、海のブレアはクリーム自体が浸透性があるものですので、付けた後もさっぱり。でも肌は内側からしっとり潤います。

■乾燥する季節のスキンケアとは?

歳とともに、コラーゲンが減少してしまうのは免れないことでして、そのことは了解して、どうしたら守っていけるのかについていろいろ対策した方がいいのではないでしょうか。広範囲に及ぶスキンケア製品のトライアルセットをお取り寄せしてみて、感触や得られた効果、保湿パワー等で、特にいいと思ったスキンケアをお伝えいたします。
肌の中にあるセラミドが大量で、肌を防護する角質層がベストな状態であれば、砂漠地帯みたいな湿度が低くて乾いたエリアでも、肌は水分をキープできることがわかっています。化粧品の働きを後押しする効果を持つ導入液は、肌に留まっている油分を取り去る働きをするのです。水と油は両者ともに混ざらないものだから、油分を落として、化粧水の吸収を良くしているという理屈になります。

自分の肌質に関して思い違いをしていたり、向かないスキンケアの作用による肌質の激変や肌荒れ等の肌トラブル。肌のためと考えて継続していることが、むしろ肌に負荷を負わせているということもあり得ます。コラーゲン補充する為に、サプリメントを飲んでいるというケースも多々見られますが、サプリメントオンリーでOKとは断言できません。並行してタンパク質も取り込むことが、肌にとってはベストであると一般的に言われています。美容にも健康にもいいと評判のプラセンタサプリは、過去に何らかの副作用によりトラブルになったことはまるでないのです。そいうことからも危険性も少ない、肉体に優しく作用する成分と言っても過言ではありません。

肌の瑞々しさを保つ役割を担っているのが、セラミドと呼ばれる保湿機能を持つ成分で、セラミドが減ってしまいますと、お肌の水分量も維持されなくなって乾燥しやすくなります。肌の水分のおおもとは毎日つける化粧水ではなく、体の内側に存在する水であることを覚えておいてください。肌の乾燥となる因子のひとつは、顔を丁寧に洗いすぎて肌にとって大切な皮脂を取り過ぎてしまったり、十分な量の水分を与えられていないという、十分とは言えないスキンケアだと聞きます。空気が乾燥してくる秋あたりは、一層肌トラブルを招きやすいときで、乾燥防止のためにも化粧水を忘れてはいけません。しかしながら使用方法によっては、肌トラブルに見舞われる要因となる場合があります。

お風呂から出たすぐ後は、毛穴は開いているのです。その際に、美容液を2、3回に配分して重ね塗りしていくと、肌が要求している美容成分がより吸収されます。それから、蒸しタオルを使うやり方も有効です。有効な成分を肌にプラスする役目を持っているので、「しわ対策をしたい」「乾燥とは無縁でいたい」など、はっきりとした目的があるのであれば、美容液をフル活用するのが最も有効だと思われます。

人間の身体のコラーゲン量は20歳くらいでピークを迎え、そこから低減していき、60歳代になると約75%まで落ちてしまいます。加齢に従い、質もダウンすることが判明しています。セラミドは現実的には高い原料ということで、化粧品への含有量については、市販価格が安いと言えるものには、ごく少量しか含有されていないことがよくあります。大勢の乾燥肌に悩んでいる方は、肌の「こすり過ぎ」と「洗いすぎ」てしまうことにより、皮脂とか細胞間脂質、アミノ酸を主成分とするNMFという自然に持ち合わせている保湿因子を洗い落としてしまっているわけです。